読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キーボードのカスタマイズ

最近id:ursm氏により、絶賛貸出中のkinesisキーボードですが、自宅ではKINESIS Professional/PS2ユーザーのこんぴろです。この度キーのリマップを行いました。そこでメモがてらエントリを書いてみますた。

リマップ等のまとめ

だらだら書いていたら長くなりそうだったので、最初にまとめから。チートシートです。マニュアルみればみんなかいてあるので、そっち見たらいいですよ。PDFでも配布されてます。

やりたいこと 対応キー
Capsロック等を押したときのビープ音を消す "Progrm"+"-"
aとか、普通のキーを押したときのビープ音を消す "Progrm"+"+"
キーボードのリセット(ただしリマップは修正されず) "Progrm"+"Ctrl"+"F10"
キーの手前側に書かれているキーを押せるようにする(Embedded Layerモード) "Keypad"
キーの上側に書かれているキーを押せるように戻す(Top Layerモード) "Keypad"
キーのリマップ "Progrm"+"F12"を押すとLEDが早くフラッシュする。交換元をクリックするとLEDのフラッシュが遅くなる。交換先を押すとキーが変更されフラッシュが早くなる。
キーのリマップ(Embedded Layer上のキー) "Progrm"+"F12"を押す前にEmbeddedモードにしておく。交換元のキー選択後"Keypad"を押すとTop Layerになるので、交換先を押す

事の発端

実は自分このキーボードは、「いいよ、いいよ、」と友人に勧めてたらその友人が買い、飽きてしまった頃に「えー、いらないの?それじゃ引き取りますよ。」と言って売ってもらったというなんかしょーもないことをしてしまったキーボードです。
使用感ですが、さすがエルゴノミックを名乗るだけあって、手は全く疲れません。特に親指でスペースとか、バックスペースとかよく使うキーが配置されているのがいいです。アメリカンなサイズキーの打鍵音は結構ありますが、叩いていると気持ちいい感じ。キーを叩くリズムが、高揚感を誘う感じです。
で、このKINESIS君ですが、元所有者から渡されたとき、適度にキーがリマップされた状態で渡されたんですが、特に困ることがなかったので、キーマップはしばらく放置していました。先日自宅PCのメインOSをWindows XP 64bit Edition*1からUbuntu 9.04に変更することを思いたち、Ubuntuにスイッチしたんですが、キー入力できないキーがありまして。こりゃいかん、と思いキーマップの修正の仕方を調査した訳です。

KINESISのリセットの方法

まずid:ursm氏に「先生!どうやったらキーを元にもどせるんですか?」とtwitterで尋ねたところ、「キーボードの裏にリセットの方法が書いてありますよ」と言う回答をいただきました。見てみると、

Reset keyboard memory: Press "Progrm" plus "Ctrl" plus "F10". Lights will flash for several seconds, indicating successful reset.

と書かれているではないですか!キーボード右上にある"Progrm"と"Ctrl"と"F10"を押してみると、キーボード中央の4つのLEDがピカピカするではないですか!しばらくするとピカピカがおわったので、キーを押してみると、なんかピッ、ピッ音がするようになっちゃったじゃないですか。しかもどうもリマップは元に戻ってないぞと。これは困った。裏側にはKINESISのURLが書かれていたので開いてみました。するとマニュアルのPDFが配布されてるではないですか。印刷物を引っ張り出すのが億劫だった自分にはとっても助かりました。

で、今更ながらマニュアルを熟読してみる。

ちなみにKINESIS歴3年半なんですが、マニュアルはほっとんど読んでいませんでした。*2なるほど。いろいろ設定ができるわけですね。先にまとめ書いておいたので、具体的にやりたいことはそっちを参照してください。音を消す方法も書いておきました。

最後に

マニュアルを読むのはとっても大事。それと何年も放置していてごめんね。KINESIS君。

*1:ってのもマニアックですね。

*2:プログラマブルなマクロ機能とかあることは知っていたのですが、使うことがなかったので。