読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北欧勉強会 1st

雑記 北欧 勉強会

北欧勉強会1stに参加しました。

なんか、異世界と遭遇した感じ。

デザインパターンとかUMLとか、共通言語として強力な言語を使いこなせていない+OO語録全くない=自分の話したいことをうまく伝えられない現状

という現実をひしひしと感じている昨今のおいら。

ソースコード的な具象化されたOOにはかなり
強くなった自信はあるが、抽象度の高い、体系化されたOOにはトンと興味が薄かったので、そういったところにウェイトを占めているこの勉強会には期待大。

基本的に予習前提ということだったけれど、ああいう本を読みこなすのは正直とても苦手なので、ああいう場があることはほんとうに助かる。企画してくださったちくわさん、ありがとうございます。今後もがんばっぞー。

■今回の勉強会で感じたこと
ロールや責務とインターフェース・クラスには一歩隔たりがありそう
ロールや責務からすると、インターフェースやクラスはかなり具象的な概念

しばらくはオブジェクトの振る舞いはまだ出て来なさそうな予感