読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TracのDBを覗いてみよう。

TracのDBにはSQLite3を使っている。SQLite3自体はC,C++で書かれているらしい。配布元では各環境用のバイナリを用意してくれている。

http://www.sqlite.org/download.html

Windows用のバイナリを落として解凍して驚いた。sqlite3.exeしかない。

ほかはなーんもない。その中にはドキュメントもない。で、実行してみると設定いらずでDBができてしまう。実行はこんな感じ

sqlite3 db.filename

こうするとSQLiteのコンソールが開いてくれる。このお手軽さはサーバーを立てないとならないイメージを持っていた他のDBとは一線を隔してますね。trac.iniにDBの設定があるけれども、一行だもん。

database = sqlite:db/trac.db

Javaの組込みDBであるHSQLDBとかも使ったけれども、いくらJARで配布されているからって、クラスパスを設定したりしなきゃなんなかったもんね。JDBCのドライバ設定も一行っちゃ一行だけんども、
こっだけ簡単にコンソールはなかった気がするよ。SQLite内でのコマンドは".help"で出てくる。

さて、TracのDBですが、中身は案外簡単なのね。Wikiのテーブルなんて一つしか見当たらないよ。この中でバージョン管理もされているなんてできるもんなんだね。おいらだったら絶対へんな風にテーブル分けているだろうね。この割り切りのよさにしびれたよ。