読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Xvncプラグインを使ってみた。

Hudson

GUIのテストを含む場合、Linux環境だとXが必要だったり、Windowsだと権限のあるセッションが必要だったりする訳です。Linuxでは別のセッションを立ち上げて環境変数DISPLAYに設定して・・・みたいな事をすればできそうだったのですが、設定せど設定せどうまくいかず。なのであきらめていたんですが、いつの間にかHudsonにはXvncと連携するプラグインができていたので、利用してみました。Hudsonが動作している環境はUbuntu Linux 8.04です。LTS期限切れなので、もうセキュリティパッチが提供されないらしいので、近々いれかえようか。

インストールしておくもの

vncserverにはvnc4serverを使いました。tightvncserverというものもあるのですが、vnc4serverの方が情報が多かったのでそちらを選択しました。

$ sudo aptitude install vnc4server
$ sudo aptitude install imagemagick

これだけです。下記のコマンドを打って、インストールできている事を確認しましょう。

$ which vncserver
$ which import

続いてHudson環境のセットアップをば

Xvncプラグインをインストールします。XvncプラグインはHudsonのプラグインマネージャからダウンロードできます。今日インストールしたのは下記のプラグインです。

パスワードファイルを作成しよう

インストール後、まずはHudsonの管理画面で設定を行う前に、勝手にvnc画面にログインできないよう、パスワードファイルを作成する必要があります。下記のコマンドを打ってパスワードファイルを作成してください。

$ vncpasswd /path/to/password.file

Xvncプラグインの設定をしよう

Hudsonの管理画面を開くと下記の項目が増えています。こんな感じに設定してください。

写真のコマンドは下記のとおり

vncserver :$DISPLAY_NUMBER -geometry 1024x768 -PasswordFile /path/to/password.file

ジョブにXvncの設定をしよう

Xを利用したいジョブに下記の設定をしましょう。

終了後にスクリーンショットを撮る必要がなければ、imagemagickのインストールは不要だと思われます。

と言う事でenjoy continuous testing!