読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Javaフレームワーク開発入門はプログラムを書き始めた新人にとって、最初の魔導書になるに違いない

Java

著者のきむきむさん(id:skimura)こと木村聡さんから献本いただきました!

Javaフレームワーク開発入門

Javaフレームワーク開発入門


献本いただいた理由は、書籍の中でOSGiのチュートリアルを簡単に紹介したから、ということでした。作業が滞っていて申し訳ない気持ちでいっぱいです。開いてみてびっくり。ほんとにちょろっと登場してるだけ・・・。なのに献本いただけるなんて感謝感激です。
最初、この本の話を聞いた時、「フレームワークって世に溢れているので、読みたい人いるのかな?」と正直思っていました。でも実際に手に取ってみて、この本の使い方は違うところにあるなと感じたのです。この本はフレームワークを読み解く時に、フレームワークがなぜそうなっているのかという疑問に対する答えが詰まった本なのです。言い換えると、実際にいくつものフレームワークを構築してきた著者の叡智が凝縮した本と言っても過言ではありません。
タイトルに「魔導書」という表現を用いましたが、コンピュータを使いこなす人を「ウィザード」と呼んでたりしますよね。ウィザードになるために、「良い」と思った本を、手あかで縁が真っ黒になるくらい、読み込む本の事を「魔導書」と表現してみました。この本は、ウィザードになるための最初の一冊になりうるなと思ったのです。
僕が新人のころにこの本と出会ってたら、もっとかっこいいコードが書けるエンジニアになれただろうな。とても良い本ですので、書店で見かけた際はぜひ手をとってみてください。