読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Trac0.11.2インストールメモ

Trac メモ

久しぶりにTracのインストールをした。easy_installが便利だったのと、忘れがちなので、メモ

easy_installはpythonのモジュールのインストールを簡単にしてくれるコマンド

easy_install --prefix=~/code/python --install-dir=~/code/python http://svn.edgewall.org/repos/trac/tags/trac-0.11.2.1

引数に"-n"をつけておくと、実際にインストールしないでどうなるか、一応確認ができる。(でも実際にインストールしないので、モジュールがねぇって起こられました。)SVNリポジトリパスを指定するとそこからダウンロードしてきてインスコできるとか、いいよね。

で、--install-dirや--prefixを指定しているのは、インスコする環境をバージョンごとに別にしようかと画策してたため。環境変数PYTHONPATHにさっきのパスが含まれるように、Shellの起動時に読み込まれる.bashrc(でよかったか。)にこんな風に書いておいてます。

if [ $PYTHONPATH ]; then
  export PYTHONPATH=$PYTHONPATH:~/code/python
else
  export PYTHONPATH=~/code/python
fi

実際、自分であおる時は実プロジェクトではなく、試すためのプロジェクトなので、trac-adminで適当なところにprojectを作り、Apacheなんか立ち上げるのも面倒なので、tracdで1025番以降のポート(1024番以下はroot権限がないと起動できない)で起動します。こんな風に

tracd -p 10080 -s test

さて。あおろう。

XmlRpcPluginってまだ0.11に対応してない?もしかして。trunkを使えってことか。