読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UIをXMLで記述する

Eclipse

E4(Eclipseの次期メジャーリリース)のMLがEclipseCon2008から始まりました。みんなの想いが詰まったMLなので、一つ一つの内容が濃く、長いw
なのでぼーっと眺めてます。(根性無。)EclipseのUIがかっこ悪いとか、書きづらいという話とか、RCPをもっとよくするためにはどうするべきかとかそういう話をつらつらとやられています。書きづらさの解消にはXAMLのようなXMLを採用したらどうだみたいな話も出ているようですが、個人的にはglimmer頑張れという感じです。「=」とか、「""」とか、連続でだらだら書かないといけないとなるとうざいっす。
XML+ScriptでUIを定義する環境はRIA環境でよく採用されているように見えます。Flexもそうでしたよね。HTML+JavaScriptも同じじゃないですか。でも大なり小なり記号の羅列は見づらくて好きじゃありません。
僕自身は非言語オタクです。言語が変わってもやらなきゃいけないことってそう変わんないよね。っていう意味で言語の良さを語る気にはなりません。でもこうやって書いてみて、「見づらさ」で環境の好き嫌いを論じている新たな自分を発見したのは今日の日記の収穫です。なのでもっと見やすいテキスト表現のUI定義が出てきて欲しい…。(って言うか、考えてみるかな…。)